Atlas の使命

Atlas Biomed は、DNA や腸内フローラ領域技術デジタル健康データ組み合わせることで、人々ライフスタイル改善促進し、健康未来導きます。

Atlas について

Atlas Biomed はパーソナライズサービス提供するヘルスカンパニーです。最新遺伝子解析技術活用し、客様健康導く手伝いいたします。Atlas Biomed はこの目的達成するために、遺伝子検査と 腸内フローラ検査の 2 つ商品提供ます。この2検査を Atlas プラットフォーム取り込み、実用パーソナライズアドバイス提供することで、客様健康管理促進ます。

経営陣

musienko

セルゲイ・ムシエンコ

最高経営責任
セルゲイは、モスクワ物理工科大学(MIPT)シンギュラリティ・ユニバーシティ(SU)(教育プログラム起業支援行うシリコンバレーシンクタンク)卒業生命情報学者です。

Atlas Biomed Group の共同設立者兼 CEO として、経験豊富科学生命情報学者から構成れるチーム結成。リーダーシップ下、Atlas は、パーソナル医療ダイレクト提供すること大きな進歩遂げました。Atlas 遺伝子検査と Atlas 腸内フローラ検査開発・発売し、実用合わせアドバイスお届けするとともに、客様健康管理貢献ました。
sassarini

マイケル・ササリーニ

最高財務責任
マイケルは、財務活動、予算編成、財務計画責任として、企業戦略大きく貢献ます。投資銀行事業管理分野おいて、25 年以上財務経験有します。経済学修士号持ち、計量経済専門ます。フレミングスとJPモルガン・チェースも、上級歴任ました。
perfilyev

アンドレイ・ペルフィリエフ

メディカル・ディレクター
内分泌学あるアンドレイは、ヘルスケア部門統括し、これまでいくつもの医学分野起業携わっました。ピロゴフ記念ロシア国立研究医科大学卒業。ロシア人医による最大ソーシャルネットワーク「Doctor at work」創設あります。専門分野予測医療パーソナル医療です。
kosarev

アルテム・コサレフ

チーフ プロダクト オフィサー
心理学あるアルテムは、在学バーチャル空間おける人間行動研究始めました。その後、その知識応用し、東欧最大ソーシャルネットワークから金融サービス、人気ビデオゲーム至るまで、デジタルプロダクトデザイン管理経験ました。

Atlas では、マネージメント最新アプローチ導入。最も重視いるは、効果に、そして快適に、客様よりよい生活サポートする製品開発することです。

科学諮問委員

prof_wilson

ジム・ウィルソン教授

科学諮問委員
ジム・ウィルソンは、エディンバラ大学人類遺伝学教です。バイエルンスヴァンテ・ペーボと 1 年間共同研究従事後、オックスフォードニュー・カレッジ学び、デビッド・ゴールドスタイン人類集団遺伝学学取得。その後、エディンバラ王立協会大学研究フェローシップ参加ました。

200 件超える記事専門発表し、うち 43 件遺伝学分トップジャーナルある「ネイチャージェネティクス誌」に、10 件は「ネイチャー誌」に、2 件は「サイエンス誌」掲載ます。トムソン・ロイター頻繁名前挙げられる研究あります。h指数は 65 。

スコットランド北部は、2 件大規模遺伝疫学研究着手ました。こうし医療研究プラットフォームリソースは、豊富表現型分析、詳細遺伝子型判定、組織バイオバンク、記録連動によるフォローアップとづいおり、1000 件以上関連事項発見寄与ます。

また、ジム数多く国際遺伝コンソーシアムリードし、遺伝学関ドキュメンタリー定期寄稿、祖先遺伝子検査ビジネスも 10 年以上携わっます。
prof_tatarinova

タチアナ・タタリノバ教授

科学諮問委員
タタリノバ博士は、研究教育おいて 20 年以上経験持つ計算生物学者です。8 年間、サウザンドオークス生物工学企業 Ceres, Inc. に勤め、同社で 15 件米国・欧州特許発明、植物ゲノム解析・注釈アルゴリズム複数開発ます。

2009 年から 2012 年にかけて、博士リーダー務めサウスウェールズ大学(イギリス)グラモーガン計算生物学研グループ。このグループ植物バーコーディング取り組み、アブラヤシゲノム注釈、細菌進化分析始め多くプロジェクト携わっます。2013~2017 年は、カリフォルニア大学研究准教として勤務し、起源予測ためアルゴリズム開発注力ました。2017 年は、計算生物フレッチャー・ジョーンズ寄付講座教授としてラバーン大学就任。

先祖 DNA 分析、古代ゲノム学、植物および動物ゲノム注釈など現在プロジェクトテーマます。そして、多数国際研究機関大学積極協力関係築く仲で、ラバーン生徒対象国際稲研究所マレーシアパームオイルなど、東南アジア国際現地調査旅行企画ます。
prof_snieder

ハロルド・スニーダー教授

科学諮問委員
遺伝疫学教授ハロルド・スニーダーは、オランダフローニンゲン大学医療センター疫学おい遺伝疫学生命情報トップ務めます。

専門分野は、一般複合疾患おける遺伝およびエピジェネティクス疫学研究で、循環代謝腎疾中心設計分析行っます。グループは、(エピ)ゲノム関連研究(GWAS および EWAS)データ品質管理統計分析、生命情報フォローアップおいて、幅広専門有します。

専門掲載論文は、 350 件以上及びます。また彼は、NIH や NWO を始めする資金提供機関審査や、循環器、高血圧、糖尿病、心身医学などジャーナルレビュー定期行っます。
vasilis

ヴァシリス・ジョージアディス博士

科学諮問委員
ヴァシリス・ジョージアディスは、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)イノベーション&エンタープライズ オフィスで、製薬・ヘルスケアシニアパートナーシップマネージャー務めます。ライフサイエンス製薬、生物工学、医療技術、ヘルスケア、コンシューマーヘルスケア分野で、UCL の研究外部商業パートナー政府、NGO と戦略パートナーシップ実現取り組んます。

かつて、イギリス分子診断およびデジタルヘルス企業ある Molecular Warehouse の創設メンバーとして、業務責任兼事業開リーダー務めました。その後、UCL トランスレーショナルリサーチオフィスビジネス・イノベーショングループで、教員向け担当として産業研究コラボレーション確立従事ました。

ヴァシリスは、さまざまな生物医学分野おいて 10 年以上学術研究携わり、トレーニング受け分子・細胞生物学者です。クイーン・メアリー大学遺伝学理学士取得後、 UCL で臨床神経科学修士、サセックス大学細胞生物学博士号取得ます。
tsunoda

角田 卓也 (つのだ たくや)教授

科学諮問委員
1987年 和歌山県立医科大学卒業、医師国家試験合格(M.D.取得)
1989年 和歌山県立医科大学附属病院臨床研修医終
1993年 和歌山県立医科大学大学院課程(専攻:外科)修了、医学博士Ph.D.
1992-1995年 City of Hope National Cancer Institute (Los Angeles)留学、同講
1995年 和歌山県立医科大学科助
2000年 東京大学医科学研究所付属病院外科講
2005年 東京大学医科学研究所付属病院准教授
2010年 オンコセラピーサイエンス株式会社、代表取締役・社長
2015年 メルクセローノ株式会社、MA Oncology部長
2016年 昭和大学臨床薬理研究所臨床免疫腫瘍学講座・教授
2018年 昭和大学医学部内科学部門腫瘍内科学部門・主任教授  昭和大学病院腫瘍センター
prof_baranova

アンチャ・バラノバ教授

科学諮問委員
アンチャ・バラノバは、米国バージニアジョージメイソン大学システム生物学部教授、そして慢性代謝希少疾患イニシアチブ責任務めます。パーソナル健康管理長寿注目し、生体恒常さまざまな変化に対する生理学反応病態生理学反応研究ます。

その湿式生化学ラボリサーチは、生命情報プログラム採用ます。バラノバ教授による研究論文は 100 件超え、9 件米国特許取得ます。
dr_milka

ミルカ・ソコロヴィッチ博士

食品健康科学部門責任者・欧州食品情報会議(EUFIC)
セルビアベオグラードまれミルカ・ソコロヴィッチ博士は、ベオグラード大学生物学学を、アムステルダム大学医学博士取得。

研究機関で 15 年過ごし、その多くアムステルダム大学おいて、飢え肥満中間代謝研究捧げました。また、7 年間、医療生化学、DNA 技術、代謝、疾患ゲノミクスいっ学科指導ました。専門多数論文発表し、科学学会多くプレゼンテーション行っます

現在は、欧州食品情報会議食品健康科学部監督者として、複雑科学トピックを「人間」言語翻訳し、誰も理解、利用できるようすること目指ます。また、年間計画策定結果品質科学正確保証、欧州食品情報会議ディスカッショングループ管理行っます。これ加えて、ハイレベルイベントプレゼンテーションなど、関係コミットメント協力、働きかけ実施し、欧州食品情報会議組織運営チームメンバー務めます。

ミルカまた、ENLP (欧州栄養リーダーシッププラットフォーム)上級プログラムディレクターです。このプラットフォームは、食品栄養専門リーダーシップつけることで、欧州公衆衛生持続可能変化たらすこと目的ます。
sapunov

グレゴリー・サプノフ

科学諮問委員
グレゴリーは、20 年以上経験持人工知コンピュータサイエンス専門です。モスクワ国立電子数学研究所MIEM(現在高等経済学院 HSE )にてシステム工学学位人工知能学博士号、モスクワ生命情報スクール生命情報学(現在は HSE の「生物医学データ分析」修士プログラム)学位取得。

バークリー拠点するインテント共同設立者兼 CTO であり、法人向け最良 AI モデル創作、評価、使用するためツール構築携わっます。それ以前は、ヤンデックスニュースサービステクニカルリーダーを 5 年以上務め、データサイエンス専門として、IBM ワトソン研究所招かました。も、数社データサイエンス、機械学習、ディープラーニングおよびソフトウェアエンジニアリング担当。

また豊富教育経験あり、デジタル信号処理、ビッグデータ、データサイエンス、機械学習、ディープラーニングコース指導ました。2017 年以降は、HSE に生物ディープラーニングに関する修士コース指導ます。
a_emmanuel

アントン・エマニュエル

科学諮問委員
アントン・エマニュエルは、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)医学学位取得。UCL で神経胃腸病科教授として、また国立神経科・神経外科病院(Queen Square)付属ユニバーシティ・カレッジ病院胃腸顧問務めます。現在携わっいる臨床分野は、ユニバーシティ・カレッジ病院消化器生理学ユニット部長として、神経疾患患者胃腸専門サービス提供ます。研究対象は、腸部神経生理腸上部・下部機能障害病因その管理含まれます。

また、王立医科大学ジャーナル「臨床医学および解説」編集任命れ、 Frontline Gastroenterology 誌おい同様大きな役割果たます。カレッジメンバー貴重人材として、ジャーナル発展深くコミットます。