アトラス腸内フローラ検査結果レポート

アトラス腸内フローラ検査結果レポート

腸内細菌が炎症やグルテン、乳糖の代謝にどのような影響を与えるのか、アトラス腸内フローラ検査レポートでご確認ください。

腸内フローラは、ヒトの健康に広く影響を与える新しい臓器として、研究者の注目を集めています。現在では、腸内細菌がグルテン反応、乳糖過敏症、炎症などに具体的にどのように影響するかを示す研究が十分に進んでいます。

今この記事を読んでいる間にも、あなたの腸内では何兆もの細菌が摂取した食物を分解しており、それがあなたの気持ちに影響を及ぼしているのかもしれません。私たちの腸内フローラ研究チームは、数ヶ月にわたる研究を経て、腸内細菌の内部構造をより深く理解することができるようになりました。


目次

  • グルテン過敏症
  • 乳糖不耐症
  • 炎症
  • 新しいレポートを見る

腸内フローラとグルテン
グルテンとは、小麦、ライ麦、大麦に含まれるタンパク質群(グリアジン、グルテニン)の名称です。小麦(パン)は文明開化以来、人類を養ってきましたが、現在では、セリアック病とも呼ばれるグルテン不耐症、グルテン過敏症に悩む人が増えてきています。

  • セリアック病は、グルテンにさらされることによって引き起こされる重篤な自己免疫疾患です。
  • 非セリアック性グルテン過敏症は、消化器系の症状が現れますが、腸の損傷はありません。

最近の研究で、特定の腸内細菌がグルテニンやグリアジンに作用することと、新しい関連があることが明らかになりました。どの微生物がグリアジンを分解するかによって、無害な分子に変化したり、免疫系を誘発するペプチドに変化したりします。

一方、乳酸菌やビフィズス菌(英語)の仲間は、グリアジンを完全に分解することができます。しかし、緑膿菌はそうではなく、腸の炎症に関連する副産物を残してしまうのです。

  • ☝ アトラス腸内フローラ検査は、あなたのグルテン代謝と、細菌があなたにとって健康の助けとなっているのか、もしくは害を及ぼしているのかを明らかにします。ご自分のアカウントを確認しましょう。

腸内細菌とラクトース(乳糖)
ラクトース(乳糖)は、牛乳や乳製品に含まれる天然の糖質です。体内ではラクターゼという酵素の働きで乳糖を消化しますが、牛乳が主食である赤ちゃんには特に多く含まれています。

大人になってから乳製品を摂ると、腹部膨満感、腹痛、ガス、下痢などの腹部症状が出る人が多いようです。これは乳糖不耐症と呼ばれ、乳糖を効果的に分解するのに十分なラクターゼが体内で作られなくなった場合に起こります。

乳糖不耐症は主に遺伝的なものですが、最近の研究では、腸内細菌も牛乳や乳製品に対する体の耐性に関与していることが分かっています。特定の微生物は、乳糖不耐症の人でも乳糖の分解・乳糖を吸収をすることができるのです。

乳酸菌

ビフィズス菌

フィーカリバクテリウム

ロゼブリア

これは、食品に含まれる特定の食物繊維、ガラクトオリゴ糖(GOS)が一役買っているのです。GOSは腸内の善玉菌に栄養を与えるプレバイオティクス分子で、研究によると、乳糖不耐症(英語)の症状を緩和することが分かっています。

  • ☝ 乳製品の消化に問題がある場合、個人アカウントにアクセスし、あなたの細菌と乳糖代謝についてアトラス 腸内フローラ検査の結果をご確認ください。

腸内細菌と炎症
炎症は、怪我や体内への侵入物、異物に対する免疫反応です。その目的は、免疫細胞を問題箇所に引き寄せ、治癒に向かわせることです。

肉眼では見えない慢性的な軽度の炎症(英語)は、より厄介なタイプの炎症です。軽度の炎症は、免疫系が常に何かがおかしいというシグナルを受け取り、その問題を解決するために免疫細胞を送り出し続けることで起こります。このような目に見えない炎症は、炎症性腸疾患、肥満、心臓病、2型糖尿病などの深刻な病気に関与しています。

腸内フローラは、腸内の炎症を促したり、防いだりすることができます。微生物の中には 抗炎症機能を持つものがあります。しかし、残念ながら、炎症を促進する微生物もいるのです。

抗炎症性細菌

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • フィーカリバクテリウム
  • アッカーマンシア ムシニフィラ

有益なプロバイオティクス微生物は、様々な方法で炎症を予防します。彼らは酪酸のような短鎖脂肪酸を生成します。これは抗炎症分子で、腸の内壁の細胞に燃料を供給します。

また、腸内バリアを維持するだけでなく、腸内を適正な酸度に保ち、炎症の原因となる細菌を抑止する特殊な分子を生成します。

炎症促進菌
一部の細菌は、エンドトキシンと呼ばれる炎症誘発性分子を用いて、自然に炎症を誘発します。例えば、クレブシエラやシトロバクターなどのグラム陰性菌の外膜には、内毒素であるLPS(リポポリサッカライド)が存在します。

これらの微生物が死ぬと(細菌の寿命は非常に短いことを覚えておいてください)、LPSが血流に入り込みます。これが起こると、炎症のリスクが全身に広がるのです。医師はこれを「全身性炎症」と呼んでいます。

高濃度のバクテリア・リポポリサッカライドは、糖尿病や肝臓障害からパーキンソン病やアルツハイマー病まで、多くの病気や健康問題に関係していると言われています。また、腸内細菌のLPSが心臓病(英語)のリスクを高めるという研究結果もあります。

炎症促進・抗炎症のバランス
炎症性細菌を根絶することが目的ではなく、むしろ炎症性微生物と抗炎症性微生物の長期的なバランスを達成することが目的です。なぜなら、あなたの腸内フローラは動的であり、健康状態やライフスタイルの選択、さらにはストレスレベルに応じて常に適応しているからです。

果物、野菜、全粒粉、豆類など、プレバイオティクス食品を多く含む食事を心がけ、定期的に運動し、一般的に比較的健康的なライフスタイルを心がけることで、腸内フローラが低レベルの全身性炎症を防ぐのを助けることができます。

新しいレポートを見るには
これらの新しいレポートは、アトラス腸内フローラ検査の結果レポートの栄養セクションに記載されています。ラクトース(乳糖)やグルテンの代謝を促進する食品や、細菌による抗炎症作用のある食品など、お勧めの食品が更新されました。

3ヶ月以上前に受けた場合は、結果が古すぎるため、特に病気や食生活の変化など、現在の健康状態を正確に反映することはできません。

アトラスチーム アトラスチームの遺伝子検査開発者

気になるテーマ